FC2ブログ
Ginko小屋
【Crescent-grass.】店主Ginkoの独り言・アクセ制作に関する話などのコーナーです。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
] page top
何故にメダカ…?
夏と言えば水遊びの季節…と言う訳で(?)水生植物もいいなぁと、少し前から水生植物もぼちぼち増えたりしてます。家の中の水槽には相変わらずサカナもいるんですけどね(笑)

スイレン鉢の熱帯スイレン、新芽が出てきました♪今年花が見られるかなぁ…

n_suiren_001.jpg

熱帯スイレンだから、元々暑さには強いんですが、戸外で越冬できるよう、寒さにも強い種類を選んだのですが…これも花は来年かな?他にカヤツリ草とホテイアオイが一緒に入ってます。カヤツリ草はよく判りませんが、ホテイ草は耐寒性無かった気がするので、越冬は無理でしょうけど…。

そしてその隣に、山砂と水を入れて、ウォーターマッシュルームと温帯スイレン(日本に自生してるのとかはこっちですね)、ホテイアオイが入ってる発砲スチロールの箱があるのですが…これは家の中の水槽にいる、メダカたちが産卵したら、卵を入れて孵化させ、ビオトープもどきにしようかと目論んでおりました。

当初はスイレン鉢の方にも…と考えていたのですが、あまり大きくない為か、こっちは日中かなり水温が上がる事が判明したので、これは入れてもメダカがかわいそうかな、と…。
で、入れるなら発砲スチロールの方だなぁ…と考え、(発砲スチロールの箱の方が水温差が少ないみたいです)もうそろそろ産卵してもおかしくない大きさの子もいるし、まだかな~と、産卵を楽しみにしつつ、でもあんまり暑さが厳しいと生き残れないかも知れないので、外の箱に入れるなら、もう少し暑さがやわらいでからの方がいいか…とか色々考えてたんですよ。

しかし数日前、ふと見ると…メダカの稚魚がふよふよと泳いでいるではありませんか!
w(◎o◎)w (笑) 

確認できたのは数匹でしたが、確かにメダカの稚魚です。

びっくりしつつ、写真を撮ってみたのですが、なんせ小さいし、カメラを向けると隠れてしまうのでなかなか撮れず…。苦労して撮った数枚のうち、なんとか見えそうなのをアップしてみました。

medaka_b_001.jpg
medaka_b_002.jpg

ウォーターマッシュルームも可愛くて好きなんですが、すでに虫の被害にあってますな…

上のはやや体色が白っぽいので、まだ見えるかと思うんですが、下の方は多分黒メダカでしょうか…ほとんど見えないですね。(笑)(一応クリックすると拡大するので、見えるかもです。(;^_^A)

私は入れた覚えがないので(笑)、多分、ホテイアオイを購入したのがメダカも一緒に売っている所だったので、ホテイアオイに卵がくっついていたのではないかと…メダカの産卵草としてポピュラーですし。これも増やしてその用途で使うつもりでしたから。しかし家の中の水槽では光量が足りないのか、茶色くなってしまうので、別の産卵草か、産卵床を考えないと駄目かな、と現在思案中です…

しかし、この過酷な環境でよく孵化したもんだな~と感心。(笑)
暑いし、セットしたての頃はけっこう水も濁ってたし、稚魚を発見する数日前にはツチガエル?ヌマガエル?(俗に言うイボガエルみたいなカエル)がその箱の中に入っていて、ここに住まれてもな~と思って、お引取り願ったばかりだったし…(しかし時々近くで泣き声は聞こえるので、まだ家の敷地内に生息している模様…)
よく食べられなかったよなぁ…
もしくはすでにいくらか食べられて、生き残った子たちなんでしょうか…
ん?カエルは魚食べないんでしたっけ?虫?でも卵とか、稚魚は食べられそうですよね…

もう少し大きくならないと体色もよくわからないので、種類もよく判りませんが、体型はノーマル種で、ほぼ黒メダカではないかと思われます。

ホテイアオイのオマケ?でメダカが付いてくるとは思いませんでしたが、(笑)予期せずやって来たメダカたち、これも何かの縁?という事で、しばらくこのままで様子を見てみようと思います。いつぐらいに孵化した子達なのか判りませんが、ビオトープはまだ機能してないだろうから、そろそろ餌あげないとかな…。(;^_^A

スポンサーサイト
[ TB-0 | CO-0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
copyright © Ginko小屋 all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。