FC2ブログ
Ginko小屋
【Crescent-grass.】店主Ginkoの独り言・アクセ制作に関する話などのコーナーです。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
] page top
DATE: 2005/09/22(木)   CATEGORY: アクセ・コルク
コルクアクセについて
コルクアクセが生まれたきっかけ…これはですね…。これも最初はリクエストと言うか、ヒントをいただいたと言うか…。ある日突然、身内から『これで何か作れない?』とコルクを差し出されました。(笑)

コルクは工作をしてみた事がある方ならご存知かと思いますが、割と軽いし、また、削ったりするとボロボロと欠けたりするモロい面があります。正直『う~ん…出来るかなぁ…』と考えてしまったのですが、彼女にとって、それは大事な記念のものだったので、どうにか出来ないかと色々考えたあげく、直接接続部品を差し込んだりすると壊れますから…『だったら包んでしまえば壊れないんじゃ?』となった訳でした。
で、とりあえずありあわせのウッドビーズと組み合わせて、彼女のは完成したのですが、彼女が大喜びで毎日身につけてくれた所、『なにそれ』『え~、こんなん売ってるの?』と結構好評との事。ありがたいです…。それで、じゃあ商品化しようか。と言う事になったのですが、商品化にあたってイメージに合うウッドビーズを散々探し回りました。そしてやっと菩提樹とココナッツに出あったのですが…。菩提樹は独特のデコボコ感があり、インドで数珠に使ったりする、神秘性のあるものですし、ココナッツも微妙な色合いが絶妙で、これまたどっちも捨てがたい、味のあるものでして。『どっち』と決めきれなかった私は、結局2パターン作ることにしたのでした。(笑)

しかし…少々甘かった!ココナッツはそれなりの大きさの穴があらかじめ空いていたので、さほど問題なかったんですが、菩提樹の方が、かなり、小さな穴しか空いてなかったんですよ。1ミリくらい。(苦笑)当然予定している紐は通りません。でも木なんだから、削れるでしょ、と考えたのですが…。菩提樹の実って…か、硬い…(T_T)
最初は手で削ろうとしたものの、まったく歯が立たず、電動のルーターを引っ張り出して来たのですが、それでもほんの少しずつしか削れないんです…。何種類も先のポイントを換え、1個の穴を広げるのに何十分かかった事か…。何個か続けるうち、しまいには手がしびれてしまいました。(笑)恐るべし、菩提樹…。(-o-;)

ピアスはピアスで、細かい作業の為、気を使うし。(笑)

そんな私の涙と汗の結晶でございます。どうぞかわいがってやって下さいまし。m(__)m

ちなみにGinkoはお酒がほとんど飲めません。ので、当然うちにワインコルクなどはありません…。使用しているコルクはワインなどのコルク栓を作っている会社から、多少の傷がついたりしてワイン用として使えなくなったものを購入させて頂いています。
スポンサーサイト
[ TB-0 | CO-0 ] page top
DATE: 2005/09/21(水)   CATEGORY: アクセ・コルク
コルクネックレス
co-ne-1-1.jpg co-ne-1-3.jpg

■コルクネックレス〈co-ne 001〉
アウトレットコルクを使ったネックレス。(コルクの柄はおまかせになります)
アウトレットコルクをワイヤーで巻いたトップ。
ウッドビーズは菩提樹の木の実を使用しています。
紐の色はダークブラウン。頭からすっぽりかぶるタイプです。


co-ne-2-1.jpg co-ne-2-3.jpg

■コルクネックレス〈co-ne 002〉
アウトレットコルクを使ったネックレス。(コルクの柄はおまかせになります)
アウトレットコルクをワイヤーで巻いたトップ。
ココナッツのウッドビーズを使用しています。
紐の色は茶、緑などのムラ染め。頭からすっぽりかぶるタイプです。


■参考価格 ¥1,600
■仕様詳細・販売ページはこちらへ→
[ TB-0 | CO-0 ] page top
DATE: 2005/09/21(水)   CATEGORY: アクセ・コルク
コルクのピアス
co-pi-2.jpg co-pi-1.jpg

■コルクピアス〈co-pi 001〉
アウトレットコルクを使ったピアス。(コルクの柄はおまかせになります)
アウトレットコルクをワイヤーで巻いたパーツと
ココナッツのウッドビーズをつないでピアスにしました。
ワイヤー、パーツはシルバーです。

■参考価格 ¥1,300
■仕様詳細・販売ページはこちらへ→



[ TB-0 | CO-0 ] page top
あくありうむその後
第一水槽は変わりなく、みんな元気です。夏場はけっこう水温が上がってしまい、(しつこいですが、ここは九州)気がつくと30度を超えている事があったりして、あわてたりするんですが、本人(?)たちはけっこう平気そうにしてます。エサもバクバク食べてます。う~ん、ホントに手間のかからない子達です。

問題は残りの水槽…のうち、正確にはひとつ…に発生してます。今、熱中してると書いたアカヒレですが、実はウチにいるのはノーマル種ではなく、改良品種のゴールデンとロングフィンタイプ。ノーマルも勿論好きですが、今はスペースの都合上、飼ってません…。ゴールデンも結構きれいです。体がゴールド、各ヒレが赤くて、渋い感じのノーマル種と、また違った良さがあると思います。これはけっこう店でも見るのですが、ロングフィンはなかなかいません…体色はノーマル種と同じですが各ひれが長く、すごくゴージャスでキレイなんですよ…。(うっとり)

私が今回アカヒレにのめり込んでしまったのもこの子たちが原因と言っても過言では無いかも知れません。正直、最初に写真を見た時、なんてきれいなんだろうと感動しましたです。(今思うと、状態のかなり良い子だったに違いない…)(ーー;)そして、ぜひ繁殖させてみたいと思ったものでした。しかし、問題はこの子たちなんです…。

ゴールデンの水槽は特に問題無さそうなんですが…(オスが多いため、小競り合いはしょっちゅうですが、一応みんな元気)ロングフィンは…正直けっこうデリケートな気がします。水質変化に弱いのかも知れません。本などには、ノーマル種と同じく、飼育は容易、と書いてあるんですが…
more...
[ TB-0 | CO-0 ] page top
あくありうむ雑談
たかがサカナ、されどサカナ…私は熱帯魚(観賞魚)が好きです。それもあまり巨大化しない、小型~中型種。以前はけっこう沢山飼ってたんですが、大事にしてるつもりでも魚は体が小さい為ちょっとした事で死んでしまったりして悲しくなるので、ここ数年は自制して、飼ってませんでした。

しかし今年の6月…くらいだったでしょうか、店で見た魚が気に入ってしまい、衝動買いしてしまってからと言うもの、また復活してしまいました。今年の夏は暑かったせいもあると思うんですが、体調がすぐれず、無気力状態が続き、ただいたずらに魚を眺めたり、水を替えるなどの世話をしたりと言った日々が続きました…。いや仕事も少なくてヒマだったので。そしてまた、いつの間にやら水槽は3つに…(-o-;)。何なんでしょうね、まったく…。

一つめの水槽には、エンゼルのハーフブラック・ベールテールタイプ(こいつが衝動買いしてしまい、水槽増加のそもそもの原因をつくった子です。このハーフブラック(半分シルバーで半分黒)が好きなんですが、ベールテールタイプはなかなか見なくて)、そしてプリステラ、コリドラスパンダがいます。(この子たちもなかなかお茶目でカワイイ。でもって手のかからない良い子たちです)俗に言う、混泳水槽ですね。

2個目と3個目はアカヒレ単独水槽です。このアカヒレに今年は何故か、熱中しております…。アカヒレとは実は熱帯魚ではなく、温帯魚なので、冬場も室内なら水槽にヒーターを入れなくても大丈夫なんです。(ここは九州)水槽立ち上げ時のパイロットフィッシュにも使われるほど、丈夫で飼育は簡単…らしいのですが。
more...
[ TB-0 | CO-0 ] page top
copyright © Ginko小屋 all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。