Ginko小屋
【Crescent-grass.】店主Ginkoの独り言・アクセ制作に関する話などのコーナーです。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
] page top
最近の庭もどき・その2
前回に引きつづき、庭事情です。

これも今年ウチに来ました。
エキナセア・ダブルデッカー

e_parpurea_w.jpg

エキナセアもすでに色々あるし、場所もとるし、もういいかなと思ってたんですが…
やっぱり2段になるお花を見てみたくて、つい購入。(笑)
当然ですがパープレアと同じ葉っぱですね。幼少期は見分けがつきません…
2段の花が咲くのは2年目以降らしいので、来年か再来年、見られるかな?

e_parpurea_05.jpg

去年植えたエキナセアも元気です。
冬になってすっかり消えてしまったので大丈夫かな…と思ったんですが、春には元気に芽が出てきました。
特にパープレアが元気。去年は数えるほどだったのが、今年はすでに沢山の花を咲かせてくれています。蕾もまだ沢山ついているので、これからもどんどん咲いてくれそうな勢いです。
しかもあちこちにこぼれ種が飛んでいたらしく、植えた覚えのない所にあちこち、『これ、どう見てもパープレアの葉っぱだよなぁ…』と思われるものが生えてきてます…。(笑)鉢じゃなくて、地植えにしたら相当増えるんだろうなぁ…

e_05.jpg

白い花も咲きました。確か去年は咲かなかったので、初ですね♪
これはパープレアのアルバだったかホワイトスワンだったか…
どっちかだと思うのですが。(なんていい加減な)
どっちも植えた覚えはあるのですが、同じ葉っぱなので見分けがつきません…(;^_^A
大体、苗を植えたものや種を蒔いたものなど、色々あるので、すでにどれがどれやら…

エキナセアは他に、アングスティフォリアやパリダがあるのですが、この二種は細長い葉っぱです。でもこの種類も本来パープレアと同じくらい大きくなるはずなのですが、あまり大きくなってくれません…。蕾もまだつきませんし。
鉢が小さいのかな…置き場所に困って、大き目の鉢に2本植えてるので、土が足りないのかも知れませんね。そのうち大きめのプランターと言うかコンテナと言うか、ゆっくりした所に植え替えてあげたいのですが…また置き場所を考えねば…。
スポンサーサイト
[ TB-0 | CO-4 ] page top
最近の庭もどき
ここの所、諸事情にてブログもホムペも更新出来ず…
かな~り、ご無沙汰してしまいました…。

最近お久しぶりの友人から『生きてる?』とか連絡もらう始末。(笑)
ええ、何とか生きてはおりますけれども…

まあ色々ありましてですね…話すと長くなるし、うっとおしい話で暗くなるので
やめておきます。

さてさて最近の庭もどきですが、今年うちに来てくれた新顔さんの植物が、
いくつかありますので紹介したいと思います。

1つ目、エリンジウム(エリンジューム?)・プラナムのブルーホビットです。

eryngium_b.jpg

別名:松笠アザミと言うそうで…アザミに似た青系と言うか、シルバーブルー系の花を咲かせます。これも大好きな花で、欲しくて探してたんですが、苗も種も中々見つからず…。
本来寒冷地に適している植物らしく、冬の寒さには強いのですが夏の暑さに弱く、暖地では栽培が難しいみたいです。しかし色々調べているうち、プラナム種は比較的暑さに強いらしい…という記事を見つけたので、やっぱり育ててみたくて、購入してしまいました。
本来かなり大きくなるものらしいのですが、このブルーホビットはさほど草丈が高くならないそうなので、それもカワイイかなと…。

まだ梅雨時期なのに、すでにけっこう暑いので、なるべく風通しの良い、半日陰になるような所に置いてみてますが…無事に育ってくれるといいなぁ…

2つ目、メディカル・ティーツリー。

medical_01.jpg

ティーツリーオイルの原料になるものだそうで…面白がって買ってみたものの、育て方が良くわからず。(笑)乾燥に弱いみたいなので水切れには注意してますが…薬として使えるような大きな木になるまで、果たして枯らさないで育てられるのか…

3つ目、シュガーメイプル。(砂糖楓)

sugar_maple_01.jpg

その名の通り、メイプルシュガーやシロップの原料になる木です。
しかしこれも実用レベルの木に育つのは孫の代とか言う話なので、(笑)自家製メイプルシロップを、味わうのは無理として、観賞用として楽しみたいと思います。
秋の紅葉も楽しみです♪

ついでに買ったカモミールローマン。

r_camomille.jpg

実はジャーマン種のカモミールはあるのですが、今年は種蒔きの時期に蒔きそびれてしまい、いつの間にやらこぼれ種から育っていたのが少しあるだけなので、自家製のカモミール・ティーは無理かな~と思ってたんですが、ローマン種でもティーには出来るらしいので…ローマン種なら多年草なので、種まきを忘れても毎年生えてきますし。(笑)
やっぱりジャーマン種の方がおいしいらしいですけどね…ちなみにジャーマン種は立性ですが、ローマン種は匍匐性なんですね…知りませんでした。
今更ながら勉強不足ですね…。

日々、色々あってストレスたまりまくりですが、たまの休みに植物達とふれあうと、やっぱり落ち着く…と言うか、気分いいですね。毎日こんな事ばっかやっていられる環境だといいんですが、そうもいかないので、たまに癒してもらう事で我慢です…(-_-)

[ TB-0 | CO-0 ] page top
ニーム(インドセンダン)
常々、強靭な害虫の被害に悩まされているのは以前から書いている通りですが、無農薬農薬は(このへんの害虫には)さほど効果が無いし、かと言ってできるだけ農薬は使いたくないし…という事で、害虫対策として、ニーム(インドセンダン)を購入してみました。

neem_001.jpg

苗ポットから鉢に植え替えたばかりなので、とりあえず半日陰にまとめて置いてますが、定着したらそのうちあちこちに分散させる予定…

虫除け、害虫駆除の木としての効能もさることながら、ハーブとしての効能も高そうなので…薬草として飲用すると色々薬効もあるそうですし、皮膚疾患などにも効果があるそうで、洗顔に使ったり、化粧水などに使用したりと、色々用途がありそうです。インドのアーユルヴェーダにも名前が出てきた気がしますし。
虫除けスプレーとかも作れそうですね。

虫除けスプレー…作りたいんですけどね…。夕方、水遣りなどでウロウロしていると、どうしても足元とか蚊にやられるので…。(苦笑)

虫除けスプレーを作るとすれば、候補のハーブは色々あるんですが…ミントは悲惨な状況で、使える葉がなさそうだし、レモンユーカリはまだ木が小さいので、葉をつむのはどうかと思うし、レモンマートルは…先にお茶として使ってみたいし。来年まで元気で育ってくれて、だいぶ大きくなってからでないと難しいかな。…こんなんばっかしですね。(笑)

まあ植物は生きものですし、同じ種類の苗でも数本あれば成長に差があるし…
数年たたないと収穫して使えないものもあるし、考えたら気の長い話ですよね。(笑)

苗や種から育てて、収穫して利用するのと、ドライハーブを購入するのを考えたらどっちがいいんだろうと考えなくもないですが…。管理の手間ひまを考えたら、必要な時に必要なものだけを買うほうが結局合理的なのかも知れませんけどね…。

自家栽培の良い所は、成長を見て楽しめるとか、新鮮なものも使用出来る事とか…あと残留農薬などの面で安心とか言った点でしょうか。

ニームも本来の効能が現れるのは50センチを超えた頃からだそうで…(笑)
効果が現れるのは、まだまだ先の事でしょうが、少しずつでも虫が減るといいなぁ…
実際農業でも効果が出てる所もあるそうですし、期待したい所なんですが…。

ミントさえ食い荒らすし、センテッドゼラニウムなどを側に置いてても、その横のバラとかはおかまいなしにやられてるし、果たしてこのあたりの尋常でなく強靭な害虫にどの程度効果があるのか…とりあえず、ニームの木が大きくなってくれないと効果も判らないと思うので、成長を見守りたいと思います。
[ TB-0 | CO-0 ] page top
何故にメダカ…?
夏と言えば水遊びの季節…と言う訳で(?)水生植物もいいなぁと、少し前から水生植物もぼちぼち増えたりしてます。家の中の水槽には相変わらずサカナもいるんですけどね(笑)

スイレン鉢の熱帯スイレン、新芽が出てきました♪今年花が見られるかなぁ…

n_suiren_001.jpg

熱帯スイレンだから、元々暑さには強いんですが、戸外で越冬できるよう、寒さにも強い種類を選んだのですが…これも花は来年かな?他にカヤツリ草とホテイアオイが一緒に入ってます。カヤツリ草はよく判りませんが、ホテイ草は耐寒性無かった気がするので、越冬は無理でしょうけど…。

そしてその隣に、山砂と水を入れて、ウォーターマッシュルームと温帯スイレン(日本に自生してるのとかはこっちですね)、ホテイアオイが入ってる発砲スチロールの箱があるのですが…これは家の中の水槽にいる、メダカたちが産卵したら、卵を入れて孵化させ、ビオトープもどきにしようかと目論んでおりました。

当初はスイレン鉢の方にも…と考えていたのですが、あまり大きくない為か、こっちは日中かなり水温が上がる事が判明したので、これは入れてもメダカがかわいそうかな、と…。
で、入れるなら発砲スチロールの方だなぁ…と考え、(発砲スチロールの箱の方が水温差が少ないみたいです)もうそろそろ産卵してもおかしくない大きさの子もいるし、まだかな~と、産卵を楽しみにしつつ、でもあんまり暑さが厳しいと生き残れないかも知れないので、外の箱に入れるなら、もう少し暑さがやわらいでからの方がいいか…とか色々考えてたんですよ。

しかし数日前、ふと見ると…メダカの稚魚がふよふよと泳いでいるではありませんか!
w(◎o◎)w (笑) 

確認できたのは数匹でしたが、確かにメダカの稚魚です。

びっくりしつつ、写真を撮ってみたのですが、なんせ小さいし、カメラを向けると隠れてしまうのでなかなか撮れず…。苦労して撮った数枚のうち、なんとか見えそうなのをアップしてみました。

medaka_b_001.jpg
medaka_b_002.jpg

ウォーターマッシュルームも可愛くて好きなんですが、すでに虫の被害にあってますな…

上のはやや体色が白っぽいので、まだ見えるかと思うんですが、下の方は多分黒メダカでしょうか…ほとんど見えないですね。(笑)(一応クリックすると拡大するので、見えるかもです。(;^_^A)

私は入れた覚えがないので(笑)、多分、ホテイアオイを購入したのがメダカも一緒に売っている所だったので、ホテイアオイに卵がくっついていたのではないかと…メダカの産卵草としてポピュラーですし。これも増やしてその用途で使うつもりでしたから。しかし家の中の水槽では光量が足りないのか、茶色くなってしまうので、別の産卵草か、産卵床を考えないと駄目かな、と現在思案中です…

しかし、この過酷な環境でよく孵化したもんだな~と感心。(笑)
暑いし、セットしたての頃はけっこう水も濁ってたし、稚魚を発見する数日前にはツチガエル?ヌマガエル?(俗に言うイボガエルみたいなカエル)がその箱の中に入っていて、ここに住まれてもな~と思って、お引取り願ったばかりだったし…(しかし時々近くで泣き声は聞こえるので、まだ家の敷地内に生息している模様…)
よく食べられなかったよなぁ…
もしくはすでにいくらか食べられて、生き残った子たちなんでしょうか…
ん?カエルは魚食べないんでしたっけ?虫?でも卵とか、稚魚は食べられそうですよね…

もう少し大きくならないと体色もよくわからないので、種類もよく判りませんが、体型はノーマル種で、ほぼ黒メダカではないかと思われます。

ホテイアオイのオマケ?でメダカが付いてくるとは思いませんでしたが、(笑)予期せずやって来たメダカたち、これも何かの縁?という事で、しばらくこのままで様子を見てみようと思います。いつぐらいに孵化した子達なのか判りませんが、ビオトープはまだ機能してないだろうから、そろそろ餌あげないとかな…。(;^_^A

[ TB-0 | CO-0 ] page top
発芽いろいろ
毎日うだるような暑さで猛暑日?炎暑日?酷暑日?が続いてますね…。

人間はけっこうバテてますが、酷暑にもめげず、なんとか庭の植物たちは元気です。
夏の初め頃に種を蒔いたものも、発芽して少しずつ大きくなって来ました。

coffee_01.jpg

コーヒーの芽。

これでもだいぶ伸びてきました。♪
多分同じ鉢に5個蒔いた気がするんですが…今の所、芽が出てきたのは1本だけですね…。他のはどうしたんだろう…(-_-;)

これも忘れかけた頃に出てきたので、一応他のもまだ可能性はあるかも知れないんですが、蒔く前に低温処理と、数日水につけてしまったので、土に蒔く前の処理が正しくなかったのかも知れません。(一応調べたんですけどね…そのまま蒔いて大丈夫と書いてあるものと、一旦低温処理した方が良いと書いてあるものと、色々だったので…。)

しかし、他のが発芽しなかったら、1本だけってのもさびしいなぁと思ったので、残りの種も蒔いてみようと、今度は低温処理も、水につけるのもせずに、いきなり土に直播きしてみました。(面倒だったからとも言う)それでも大丈夫と書いてある所もあるのですが、果たして芽は出るのか…ウチの環境下ではどっちが発芽率が良いのか試してみたいと思います。

一応コナコーヒーなんですがね、これ…。(笑)実ができてコーヒー豆として収穫を期待するのは難しいかもですね…耐寒性は無いらしいので、冬を越せるかどうか…それ以前にこのまま無事に育ってくれるのか…
かなり不安です…

hena_001.jpg

見にくいですが…ヘナの発芽したものです。

髪染めやメヘンディなどに使う、あのヘナです。♪
これも一度蒔いたのですが失敗してしまい、成長せずに消えてしまったので、二度目のチャレンジです。今度は無事育ってくれ~。

d_f.jpg

こっちはドラゴンフルーツ。

ヒョロヒョロしてて大丈夫かな、と思ってたんですが、本葉?が出て、ちょっとサボテンぽい部分が出てきました。

種から蒔いたものが育ってくれた時はとても嬉しいんですが、苗からと違って、そこまでの大きさになるまでが時間かかるので、失敗も多いです。発芽したとたんに、にっくき虫にやられて新芽をすべて食われ、枯れたのもあったし…(T_T)ごめんよ、育たなかった種たち…

みんな、虫に負けないで、たくましく育ってくれよ~。と心の中で祈ったりしてます。(笑)

[ TB-0 | CO-0 ] page top
copyright © Ginko小屋 all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。